SWIFTコード

国際送金をしない方にはなじみが薄いとは思うが、海外送金をする際にSWIFTコードを記入する欄というのがある。
見たことのある人もいるのでは無いでしょうか?

これは、SWIFTと呼ばれる団体であり、簡単に言うと世界中の銀行をネットワーク化し運営している組織である。
日本の金融機関も近年参加しており、SWIFTコードと呼ばれる英語の文字列を各銀行が保有している。

SWIFTを利用することで、ネットワーク間で簡単に取引ができるというものである。
国際送金をしない方にはほとんど馴染みの無いことではあると思うが、知っていると面白い仕組みである。

詳しくはSWIFTの公式ホームページを読んで勉強してみて下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*