乗用車を買い取ってもらうには2つのパターンがあります。買取と下取りというものです。
おそらくほとんどの方は車を売却するのに、下取りをしてもらう事が多いと思います。車を買い替える時に販売店で車を下取りしてもらう事が多いでしょう。新車の買い替えの時には車を下取りにだして、新車を購入する時の資金に充てます。

買取はまだまだ知らない方も多いのですが、下取りよりも買取金額が高くつく事が多く、車を下取りに出す前に一度調べてみると得をする事があります。というのも買取業者は全国のオークションの相場を参考にし、車の買取金額を決定しています。

下取り店では買取の金額が店舗によって決定しているために、そこまで高い金額は出せないそうです。最近では買取業者の存在が目立ってきているために、下取り店もそこそこの努力はしているとも聞きます。ですが車を売ろうと考えているのであれば、一度買取業者さんに見積もりを取ってもらう事をおすすめします。特に一括見積もりという便利なサービスがありますので、たくさんの業者さんから見積もりをもらうのが面白いと思います。業者さんによっても値段にバラつきがありますので。